LONDON GIGS+FUTURE ROCK

  [NewEntry] [Admin]

プロフィール

SILVERMOON/          HIROKO O.

★AUTHOR:  SILVERMOON/          HIROKO O.         

★セッションプレイス“シルバームーン”の終了後、ロンドンのミュージックシーンにアプローチしながら日本との行き来を継続しています。

現在までに6回渡英したロンドンでの数多くのライブ記録と様々な出来事♪

最近の記事

        2016-10-05       ★SOHO


SOHO SQUARE~FRITH STREET


IMG_6282_convert_20160923114349.png
 

10月のこの日の昼間の散歩は、
ピカデリーサーカス近くのSHAFTESBURY/ シャフツベリー通りにあるジャパンセンターで
あんぱん&豆乳!! という日本でなくてはゲット出来ないような貴重な食料を仕入れてから
ソーホー方面に向かいました。

ここは夜に動き出す街ですから、
部外者の身としては夜間は一人では歩き回りたくないですが、昼間はOKです。


IMG_6284_convert_20160923114238.png    IMG_6283_convert_20160923114311.png


公園/ パークに対してスクェアは、道路と建物で四角く囲まれた小型の公園で、
トラファルガースクェアのように緑のない広場の場合もあります。

ここソーホースクェアは、昼前のこの時間は人も少なく仕事へ向かうらしい人達が忙しそうに横切って行きます。


IMG_6286_convert_20160923114123.png


雨が降っていなければ、
昼間はロンドン内の数多くの公園に徒歩で出向いています。

緑はどこの国にあっても心を和ませるものですが、
やはりソーホーにあっては少しまずい輩がいるのではないか、
公園周りをポリスマンが見回っています。
ここのベンチで休憩します。


IMG_6285_convert_20160923114159.png



しかし、そのいかにも英国映画に出てきそうな太めのポリスマンは、
わざわざ自分の目の前までやって来て立ち止まり、咳払いしてます !!

えっ !! 私~ !!  こんな善良な東洋人なのに~(彼等は日本人や中国人の見分けがつかない)。
ここは飲食禁止か??  いやぁ、ゴミ箱あるし。
それともこのベンチに何やらプレートがついていたので、まずいとか??

そんな事がさっと頭を横切りましたが、今までの経験で、
彼等にとっては観光コースを外れている外国人は一応不審人物なのだと示しているのです。
何も話す事なく立ち去って行きました。

国が変われば怪しいのは容貌の違うこちらの方なのだと、ちょっと可笑しくなってしまいました。


IMG_7388_convert_20160923112931.jpg


それにしても、
この奥にあるシェイクスピアの見世物小屋のような建物が
トイレらしいとは全く知りませんでした。

ロンドンに於いては最大の問題点なのですが、
こんな事有り得ない!! と叫ぶほど用を足せる場所がありません。

ここはひとつマップに書き加えておきましょう。


IMG_6310_convert_20160923142742.jpg



ソーホースクエアから南方向へ下る通りに
FRITH STREET/ フリスストリートがあります。

IMG_6281_convert_20160923114425.png


この通りにはその昔憧れたミュージシャン達が通っていたクラブがあります。


IMG_6326_convert_20160923113354.jpg


この時の “ ロニースコッツ ” は改装中でしたが外回りだけで、営業はしています。
ロンドンの施設は歴史がある=古いので、年中あちらこちらで修理しています。



 IMG_7632_convert_20160923111641.jpg     IMG_7631_convert_20160923112746.jpg   



フリスストリートに初めて訪れた時(2013年)は、
様子が分らないのでブラックキャブで来ましたが、
ロニースコッツの前はこんなに観光客が溢れていて賑やかでした。


IMG_6276_convert_20160923114824.png   



IMG_6279_convert_20160923114547.png     IMG_6278_convert_20160923114622.png



ロンドンでは最古参のジャズバー。
サックス奏者だったロニー・スコットさんが1959年に設立しました。

ジャズはあまりメジャーではない感じのする英国ですが、
ここはトップレベルの演奏者ばかりのようです。

未だに演奏を聞きに入った事がないのですが、かつてはロックギタリストも演奏していたようです。
ここしばらくはスケジュールをチェックしていても馴染みな名前はないのですが。


IMG_6277_convert_20160923114655.png



以前はソーホー地区には風俗店が多く立ち並んでんでいると聞いてましたが、
現在は様変わりして、飲食のチェーン店も増えているようです。

しかし、ゲイの方の店は数多くあるようです。
英国では結婚が出来る程にゲイが認められ、人口も多いので当たり前の事なのでしょうが。


ひと雨が通り過ぎて、湿った路面に繁華街ならではのネオンが写り込み、
ふと振り向くと、むかいの店の狭い出入口でカップルが肩寄せあっている。

そんな風景が自分の記憶の中のこの通りを代表するシーンになりました。
この向かいにある店が、こちらも有名な “ BAR ITALIA ”


IMG_6327.jpg


向かって右側ネオンが見えるロニースコッツ。
左側の時計が目印バーイタリヤ。
(Photo From UKG)

IMG_6328_convert_20160923113134.jpg



バーイタリアも1949年創業という歴史あるバーですが、
こちらは観光客向けというよりは地元の方達に深く愛されているようです。
昼間から夜間も営業しているので、ロニースコッツのメンバーも寄るそうです。

エスプレッソやカプチーノなど、超おいしいコーヒーが有名なのですが、
ここと、やはり以前に訪れたマリルボーンストリートの屋外席のカフェは映画の中のシーンのようで、
外部から見ている方が素敵かも知れないと思っています。

ライブプレイスにはどかどかと入り込んで行く自分ではありますが ・ ・ 。



IMG_6395_convert_20161002103742.jpg      IMG_6313_convert_20160923113530.jpg 
(Photo From UKG)
                                    




このバーをタイトルに掲げた PULP/パルプの1995年のナンバーが不思議な雰囲気で、
もうかなり古っぽいのですが素敵です !! 



( ★BAR ITALIA♪ )

IMG_6399_convert_20161002123230.png     






All Photos By HIROKO O.
   At Westminster London ( Except Photos From UKG )



I'd Like To Thank Jun and Megumi S. For Always Helping Me.





トラックバック

http://ms-silvermoon.jp/tb.php/86-2cf9372d

 | HOME |