LONDON GIGS+FUTURE ROCK

  [NewEntry] [Admin]

プロフィール

SILVERMOON/          HIROKO O.

★AUTHOR:  SILVERMOON/          HIROKO O.         

★セッションプレイス“シルバームーン”の終了後、ロンドンのミュージックシーンにアプローチしながら日本との行き来を継続しています。

現在までに6回渡英したロンドンでの数多くのライブ記録と様々な出来事♪

最近の記事

        2015-10-13       ★MARK KNOPFLER AT ROYAL ALBERT HALL


MARK KNOPFLER AT ROYAL ALBERT HALL


当日の開場時間ぎりぎりになってポスターを貼り出している。
本日の演奏者が分るのは、このポスターとホール外回りに設置されたのぼりだけ。


IMG_0872_convert_20150908141349.jpg



ロンドンでは未だダフ屋さんが多く、
特にこのアルバートホールでは 「 Ticket!! Ticket!! 」と、円形のホール周りをぐるぐると歩き回っていました。

こちらでのダフ屋行為へのペナルティがどうなっているのかは未だ分りませんが、
ほとんどその行為が撲滅された東京での10年以上前の姿を見ているようです。

アルバムの限定盤(英国ではビニール盤レコードの生産が多い) がリリースされると、
そちらの筋の方が買上げてしまい、値をつり上げてから手離しているとの話を聞いたので、
入場チケットも合わせて、そちら筋!?? の力が強いのかも知れない。


のぼりにマークノップラー☆

IMG_2619_convert_20151009124059.jpg



ホール前に集まり始めた観客の方達。
THE O2でのライブと同じく、英国おじさん体形の労働者階級タイプの方が多い。


IMG_1773_convert_20150908141441.jpg



ここのチケットもノップラー本人のサイトからゲットしたもの。

ただし本日のチケットは現地の会場にて受取りとなっていたので、
日本のように物事が整然とは進まないこちらのこと、何事もなく受取れると良いけれどと心配はしていました。


アルバートホールの BOX OFFICE にて受取るとの指示でしたので、
BOX OFFICE へ行ってみれば、ノップラーのサイトチケットはこちらではないと言われ、
それでは何処に??と聞けば、会場の5~6番入口だろうと言われ、
そこへ行ってみると、やはり大勢の方が分らずにうろうろしている。

何でこうなのだろう !!
何番入口だとか書いて貼っておけばよいだろうにーと思いつつ、
円形のホールの入口をぐるっと歩き回っていた。

そして見たものは、
シェイクスピアの劇中に出て来るようなゴージャスな衣装をまとった従業員 ?? の方が、
たくさんの人の問合せに答えきれず、声をあげる場面。

「 ノップラーのサイトのチケットはみんな こちらー!! 」



( ★Ticket )
IMG_1028_convert_20150615142339.jpg



今回のシートはこのアリーナ中央列でちょっと後方寄り。
残念ながら場内は撮影禁止です。 ライブフォトも撮れないので、じっくり観るに徹しよう。


しかし、さすがに今回は大きなホールとは違い周囲のシートも近いので、
回りが「何か違うのが来てるぞ」 と自分の存在に違和感を持っているのをバリバリ感じます。

右前の スキンヘッドさんは、
ノップラーに 「 ブラボー!! 」 「 ブラボー!! 」 と掛け声をかけつつ振り返り、
二度見、三度見して、信じられない!! といった面持ちをします。
まぁ、少し年代が上がれば、日本人が大嫌いな人の多い英国人ですからいたし方ありません。

この人達の中に 一人で入って行って、なるべく嫌な思いをしない為には、
まずは、自分がしっかりした地位があると見てとらせる事が必要です。
きちんとした身なりで、自分はいつも黒いスーツを着用、インナーはTシャツなのでフォーマルではない。
そして、堂々と顔を上げた態度でいます。

好きな人のライブを見に来て、あはは ・ ・なんて喜んでばかりではいられないご当地。

温室みたいな日本から来ると、やはり緊張もする場面でもあり、
好んでやりたい訳ではないけれども、 本当に良い経験になります。



IMG_1796_convert_20150901122635.jpg
( Photo From UKG )


実は、このロンドン公演を見る前に心配していたのはノップラー氏の体調でした。

ちょっと前の映像では随分と太っていたのです。
大きなあごに大きなお腹。
ステージも半ばになると椅子に座ってギターを弾き、いかにも体力がもたないような雰囲気でした。
メガネをかけて登場していた時期もあったようです。

ここの観客の中にも多くいるように、
英国料理のカロリーを取り続けると横に大きくなってしまいます。

デブになっていたら嫌だなと思いつつ、
ノップラー氏には健康に対し、少しストイックでいて欲しいと勝手な期待をしていました。

それが、やったね !!
今回ステージに現われた彼はスッキリとした出で立ちでプレイにも支障なく、すっかり安心させてくれました。


☆ ☆ ☆


アルバートホールの音響については、
世界のホールの “ 客席空間の響きに関する評価順位 ” に於いて
かなり下位であったので、少し心配でした。

自分は特に耳が良い訳でもなく、気になったのは多少のベース、
低音部のびびりだけでノップラー氏の演奏は大変素晴らしいものでした。

若い頃の派手な演奏スタイルからすると、とても落着いた表現方法になったと見えますが、
一日たりともギターは手離さないのだろうなと思わされます。

これからも、このままのステージが続けていけますように☆
そして、更に自分と縁があったなら、またいつかロンドンでその姿を見れますように☆


このナンバーを演ったら、これで全てが終了の合図です。

( “ GOING HOME♪ ” at ROYAL ALBERT HALL/ 2015.5.25 )







★追記
若い頃も、もっと素敵だった !!
素晴らしいパフォーマンスの中のひとつ。
この会場は昨年4月に行ったEVENTIN APPOLO/ 旧ハマースミスオデオンと言った方が分りやすい。      
                              
                                                 ( ★ SULTAINS OF SWING♪)
IMG_2927_convert_20140513161915.jpg      







ALL PHOTOS BY HIROKO O.
  AT KENSINGTON, LONDON ( Except photo from UKG )



I'd like to thank Mr. K.Takahasi for local support.

I'd like to also thank Jun and Megumi S. for always helping me.



トラックバック

http://ms-silvermoon.jp/tb.php/70-45a99ef1

 | HOME |